« パイレーツ・オブ・カリビアン~生命の泉~ | トップページ | かわいい切手 »

ベッジ・パードン

 三谷幸喜さんの新作は、

豪華でめったにみられない顔合わせになりました

 

 夏目漱石のロンドン時代を舞台にした、

「ベッジ・パードン」です。

野村萬斎、浅野和之、大泉洋、浦井健治、深津絵里の

魅力的な面々

これはGOですっ

Img_2096

 

 三谷さんのエッセイによれば

「萬斎さんはベッドがあるようなシチュエーションでは

芝居をしたことがない」とのことです。

狂言にはない所作が求められるので、

苦労されたようです。

こういうコメディも初めてだったかも

 

 それでも萬斎さんは出ずっぱりで大奮闘

そして、浅野さんのことは・・・・ここでは書けませんが・・・・

尊敬しますっ

 

 第1幕での深津絵里さんの独白で、

思わず涙が大洪水

そのあとすぐ休憩になり、場内点灯。

涙をぬぐう姿を見られるのが、恥ずかしかったです

 

 人種問題、階層社会、家族愛、男女の恋・・・

色々なものが混ざり合いながら劇は進んでゆきました。

 

 おもしろかったです

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン~生命の泉~ | トップページ | かわいい切手 »

コメント

 面白そうですね。
 ちょきたらさまは 楽しみが
たくさんおありでいいですね。
 三谷幸喜さんの映画は好きで
いくつか見ましたが 舞台は
見たことがありません。
 
 みゃあくんが逝ってから
極端に涙もろくなったので
私も人に見られたら恥ずかしい
程 目が腫れたでしょう。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2011年6月30日 (木) 23時12分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 わたしも最近涙もろいのですよ・・・
映画を見ても、テレビを見てもすぐ泣いて
しまいます

 以前ほど芝居は行かなくなりました。
でも舞台も一期一会。
おもしろそうなものがあれば、億劫がらずに
行かなくてはとも思っています。
あ、それとお金が
昔よりチケット代が高いので、
厳選(?)せざるをえない事情もありますね。

 三谷さんの映画は今年また公開されるみたいです^^ 楽しみです。

投稿: ちょきたら | 2011年7月 1日 (金) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッジ・パードン:

« パイレーツ・オブ・カリビアン~生命の泉~ | トップページ | かわいい切手 »