« 季節の和菓子 | トップページ | 灰型講習会 »

降りそそぐ百万粒の雨さえも

Img_2352

キャラメルボックスの時代劇新作です。

 

 ストーリーは「風を継ぐ者」の続編。

前作の新撰組隊士、立川迅助が主人公。

迅助、沖田総司たちが鳥羽伏見の戦いに敗れ、

江戸に戻るところから、舞台は始まります。

 

 総司が胸の病で死が近くなり、

新撰組がどんどん弱体化していく中で、

隊士や土佐藩士たちが己の信義をつらぬいていく様が

エネルギッシュに描かれていました。

 

 相変わらず殺陣は見事

阿部さんの三鷹銀太夫、おもしろすぎます

|

« 季節の和菓子 | トップページ | 灰型講習会 »

コメント

ジャンプの踏切り位置もカメラでごまかしてるけど
見極めに一番簡単なのがスピン。

スピンは同じ位置でくるくる回らなきゃいけないんだけど
キムヨナは位置がどんどんずれていくので、足元を画面から外し、キムを画面中央に置いてごまかす。
それでもずれていくのが背後の風景が動くことでわかる。しかしそれでも完璧とされ加点がつく。
シットスピンという、かがんで回るスピンは、ひざ下まで腰を下ろさねばいけないけど
キムヨナはできてない。だけどもちろん完璧採点加点付き。

真央ちゃんはしゃがみすぎなほど完璧に屈んで同じ位置でくるくる回るけど
キムヨナと同じ点数か、減点される。

ちなみにスピンスピードは、姿勢や位置を気にしなければ
いくらでも早くできるので、そんなもの一切守らないキムヨナのほうが回るスピードは上。
回るスピードは採点には関係ないけど、(超高速スピンをエキシビジョンではやるけど試合でやる選手はいないでしょ)
キムだけはなぜかそこが絶賛され加点対象になり、
難しいポーズで回る真央ちゃんのスピンはスピードがどうしても落ちるので格下とされる。

投稿: | 2011年9月 4日 (日) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降りそそぐ百万粒の雨さえも:

« 季節の和菓子 | トップページ | 灰型講習会 »