« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

茶箱付花月

 ずいぶん久しぶりの花月となりました。

今回はわたしのようにお久しぶりのメンバーが

大半

 

 折据を回すタイミングは「茶巾」なのですが、

ぼーーーーっとしている私

 

 「花」の方の鋭い視線あんど合図であわてて

回すという、いつもながらのモタモタぶりを発揮

しました。

 

 それにしてもこの花月、

振出からお菓子を出し、お茶をいただくという

行為がちょっと忙しい~

 

 ・・・ま、修練のためですから

ゆっくりお菓子やお茶を味わってる場合では

ないのですけど

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カップヌードルごはん

 やっとこさ、買い置きしておいた

カップヌードルごはんにありつきました

Img_2433_2

中を開けると

Img_2434

3つの袋があります。

これを全部とりだして、

水を線まで入れ、あとからライスと

具・味付けの素を投入します。

 

 このときにライスの袋をいきおいよく

やぶったら、お米さんが少しあちこちに

飛んで行ってしまいました

最初からそこつぶりを発揮

 

 調理は電子レンジで。

できあがりのお味は・・・

ヌードルよりおいしいと思います

ただ・・・味が濃いですね、ちょっと。

 

 生卵を混ぜたらちょっとマイルドになるかも

とも考えましたが、すでに具にちょっとだけ

卵がありましたね

 

 非常食用にまた買っておこうっと。

あ、カップヌードル40周年を記念して

「復活 歴代総選挙」をしたそうで、

上位3商品が復刻販売されるとか。

http://senkyo.cupnoodle.jp/?a=1

 こんな商品あったっけ?

と思うほどたくさんの種類が発売されてたのですね。

びっくり!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

岡田 将ピアノリサイタル

 連休中の上野駅は大混雑

「目がまわる」という思いを久しぶりにしました。

人を探していると、クラクラ(笑)

 

 やはりパンダ(絵文字がない・・・)効果なんでしょうね。

そして、いつの間にかecute(エキュート)も・・・

今度ゆっくり探検しよっ

 

 この日の目的は「岡田 将ピアノリサイタル」。

東京文化会館でございます

 

 今年はリストを3回に分けて演奏されるようで、

今回は2回目。

「愛と死、永遠に女性なるもの」とタイトルがつけられています。

 

 「イゾルデ愛の死」「死の舞踏」「ヒアノ・ソナタ ロ短調」等のプログラム

は、リストを全く知らない私でもひきこまれるものがありました

 

 使用したピアノが1922年生のスタインウェイ製。

100年近く経とうとしているのに、見事な音を響かせて

いました。

 

 演奏後、岡田さんがロビーに出て来られたのですが、

ロクに声もかけられなかった私

握手とかしていただけばよかったなあ・・・

 

 台風後、朝晩涼しくなってきましたね。

風邪引かないように気をつけなくっちゃ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

疲れた~!!

 みなさま、台風15号の被害にあっていらっしゃいませんか?

 

 すごい風・雨だったようですね

「ようですね」というのは、

ピークだった時に駅の地下で

ずーーーーーーっと足止めされていたからです。

もぐらです

疲れました・・・

  

 やっと動けるようになった時、

雨はすっかり上がっていました

風がたまに吹くだけです。

 

 今年は水害が多いですね。

もうこれっきりにしてほしいです

 

 今日は早めに休もうと思います。

いつも寝るの遅いですから

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キネマの天地

 昨年亡くなった井上ひさしの作品です。

てっきり再演かと思っていたのですが、

「こまつ座」の過去公演記録をには載っていない。

これが初演なのですね。

Img_2431

 

 女優松井チヱ子の突然の死から1年。

女優の夫が4人の女優を新作打ち合わせと称して

集合させます。大部屋俳優を刑事に仕立てて、

女優たちを追及してゆきます。

「この中に犯人がいる」とばかりに・・・・

 

 麻実れい、三田和代、秋山菜津子、大和田美帆の

4人が松竹大幹部女優、幹部女優、準幹部女優を

演じます。

 

 それぞれ殺人の動機がありそうな4人。

しかしその追及の中で、女優としての矜持や

スター性を保つための苦労を語るのがおもしろい

です。

 

 監督を演じたのは、浅野和之。

実にみごとな間のセリフで、

この芝居の最後を盛り上げていました

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インナーマッスル鍛錬中

 このところのお稽古では、

基本に立ち返ることを中心にしています。

帛紗の取り方、座る位置、そして座り方等々。

 

 特にお点前をするときの座り方では

「ゆっくり静かに座りなさい」と言われます。

 

 ゆっくり座り、ゆっくり立つ。

これが実に難しい

インナーマッスルが鍛えられます。

 

 稽古の翌日は、筋肉痛

これで脚も細くなれば、言うことないんですけど(笑)

 

 思えば、数か月も花月をしていません

ああ、花月したいなあ~

下手の横好きとはこのことですね

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名月を眺めた場所は

 ちょっと前の中秋の名月の日。

あの日は午後からお日さまが主役でした

灼熱の中、東京ディズニーシーにいたのです

今年は妙にTDRに縁があるようで

 

 TDSは10周年イベント中

今や大人気のダッフィーとシェリーメイの

10周年バージョンです。

Img_2430

買う気はまったくなかったのに、

見たら買ってしまいました(笑)

 

Img_2372

これはランチの前菜。

底近くにミッキー型のトマトゼリーがあります^^

 

Img_2374

デザート。

「10」がソースで描かれています。

 

 午後から行ったので、アトラクションは

ジャスミンのフライングカーペットに乗ったくらい。

あとはショーを中心に見ていました。

 

 「ビッグバンドビート」はいつもながら、最高

そして予想よりおもしろかったのが、

ステージショーの「テーブル・イズ・ウェイティング」

Img_2404

ミッキーが世界一周旅行から持ち帰った食べ物を

料理するという趣向。

わかりにくいですが、これはハンバーガー。

食材に扮した人が重なっているのです

 

Img_2406

これは海老てんぷらのおみこし(笑)

 

 夕ご飯を食べた後(食べてばっかり

アトラクションに乗り足りないということで

急遽アクアトピアへ。

 

 そこでスピンしながら目に入ったのは、

まさに美しい月

「わあ~、きれい!」と叫んで気がつきました。

今日は中秋の名月だったんだわ~

 

 ほんとは自宅でのんびりお茶をいただきながら、

のんびり月を眺めたかったのに・・・

 

 でもまあ、楽しかったからいいか

お月さまはこんな遊び呆けている私たちも

その輝きで照らし続けてくれました^^

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帯締め

 この春のバーゲンで買った帯に合わせる

帯締めを買いに出かけました。

 

 何となくこんな色というイメージと

実際の写真を持ってお店へ

 

 ところがお店の方は写真をちらと見て

「これが合うのでは。これこれ」

と自分が予想だにしていなかった色、しかも

柄物(というのかな)を推してきたのにはびっくり

 

 え?これっ

 

 しかも

「まだお若いのだから、これくらいの色が」と

さらにひと押し。

「お若い」に反応してしまった私(笑)

なかなかお客心をくすぐるのが

うまいっ

 

 

 どうもわたしの選ぶ色・柄は地味になる傾向が

あり、お店の方が薦めるのと最初は好みが合わないことが

多いのです。

 

 でも時間がたつとお薦めされたものが

自分の中でしっくりきて、

「あ、これってやっぱりいいな

と思えることが多いです。

 

 じわじわと納得する、

めんどーなお客ってことですね

 

 というわけで、

今回もお薦めに従うことにしました。

ちょっと年甲斐もないかもしれませんが(笑)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年最後の観戦

 残暑厳しい日となりました

子どもたちが水鉄砲で遊んでいるのを見て、

自分も年甲斐もなく、仲間に入りたくなりました

 

 さて、今年の生野球観戦も最後。

巨人対広島戦を見に行きました

 

20110910

おや!

広島のマスコット、スラィリー君が

東京ドームに来てくれたようです

めずらしいですね。

 

試合は、巨人の先発西村投手は

毎回ランナーを出す苦しい展開

 

一方、広島の前田健太投手はテンポよく

スイスイとアウトを取っていきます。

昔の上原投手を思い出させてもらいました^^

 

10安打の広島。4安打の巨人。

なのに試合に勝ったのは、巨人

ラミレスのHRが決勝打となり、

1-0で逃げ切りました

いやあ、こういうこともあるんですねえ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おいしいお茶

 今日は重陽の節句。

お稽古場でも菊をかたどった

お菓子をいただきました

 

 最近、お稽古でご一緒になるみなさんの

点てるお茶がおいしいのです

 

 見た目ふんわり細かい泡立ち。

香りもよく、美味しい~

 

 これが先輩方だけでなく、

数ヶ月前に入門した方もとても上手!

恥ずかしいです、私

 

 先生にも「後輩がこれくらいおいしいそうに

点てられるのだから・・・・・」とプレッシャーかけられました。

 

 何としてもふんわりとシルクの泡立ちにしなくてはっ

 

 楽茶碗を選び、お点前開始

お湯の煮えも上々。

「おいしく点っておくれ~」と心で念じながら、

茶筅を振るう私

何とか先生に合格点をいただきました。

 

 お茶碗とお茶碗の力のおかげですね

助けられました

 

 どんなお茶碗でもおいしく点てられなくては・・・・(反省) 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全身筋肉痛

 久しぶりに着物でお稽古に出かけました。

 

 いやはや、このところ夜更かし(汗)寝不足気味で、

それほど意欲的ではないのですが、

「このままでは着付けを忘れてしまう・・・」と

いう思いだけ

 

 それゆえ時間がかかった割には、

仕上がり今三つ

手先が短く、立ち上がりがたっぷり目の

無計画な帯結びとなりました・・・

  

 蒸し暑い中、着物の上にいざという時用の

レインコートを着たら、汗だくに

やっぱり洋服にすればよかったなあ。

ちょっと後悔しました。

  

 お稽古に入ると、裾が気になる・・・

踏んづけてしまいそうなので、つま先で

立とうとするとちょっとぐらつく。

先生より「何ふらふらしてるの」と

ご注意がっ

  

 ふらつかないように立ち上がると

インナーマッスルを使っている気がします。

 

 帰宅したら、背中、足と痛いところがあちこちに

着物を着ると自然と全身に力が入りすぎてしまうのかも。

全身筋肉痛です。

 

 早めに就寝しても、疲れすぎてなかなか

眠れない・・・

  

 そして翌日も筋肉痛は残る・・・

疲れずに着物を着ていられる方法って

あるのかしら・・・

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

茶の湯 武者小路千家 朝茶 涼しい時間を有効に

 録画していた「直伝 和の極意 茶の湯 武者小路千家 朝茶

涼しい時間を有効に」を4回分、やっと見終わりました

 

 

 朝茶のお招きなんてこの先ないでしょうから、

逆に興味しんしんなのです^^

 

 雨どいや竹ぼうきを青竹になさっていたのには

驚きました。朝茶だけの習慣なのかどうかはわかりませんが、

清新さを表現したおもてなしなのですね!

 

 

 お軸を拝見する位置も裏千家とは違いますね。

それと名水点で白湯を所望されていらっしゃいましたが、

裏千家ではそのままのお水をたしか所望しますよね・・・?

所望するタイミングも異なります。そういう違いを見るのも

おもしろいです。

 

 

 最終回では、栗林公園内のお茶室「新日暮亭」と

「掬月亭」が紹介されていました。

 

 修学旅行で栗林公園へ行ったことがあるのですが、

こんなにすてきなところだったのですね

「ただ松があるだけ」という印象しかありませんでしたが・・・・

何も知らない高校生には、もったいない所だったようです・・・

 

 

 新日暮亭の朝茶事もすばらしかったですね。

流れつくばいというのは、初めて見ました。

座る位置とかなり離れているようですが、

柄杓の柄が長いから何とか届きますね。

実に涼を感じられるつくばいです。

 

 

 風炉もすてきでしたが、

あれは鳳凰かなあ・・・

よくわかりません

 

 5時半からなら着物を着ても

何とかなるでしょうか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明清 陶磁の名品 展

 とってもゆっくりな大型台風

明日は西日本に近づくということです

東海・関東にも猛烈な雨が降るでしょうから、

警戒しなくては・・・

 

さて、8月下旬のこと。

この夏は外出のついでに美術館もあちこち・・・

と思っていたのですが・・・・・

 

 いざ足を運ぼうと近くまで行っても、

あまりにのどが渇いて、休憩している間に

時間切れになったり

 

 やっと行けました、出光美術館

 

 「官窯の洗練、民窯の創造」と題された

展示は、一歩入室したとたんその完成度の高い美しさに

驚かされました

 

 青で描かれた花や龍の文様の美しさ。

とても数百年前の作品とは思えません。

 

 明から清へと移ると、色鮮やかな作品が。

色々な技法が編み出されたからでしょうが、

激変ぶりには目をみはりました。

 

 民窯の展示では自由に絵柄が表現されていて、

エネルギーや生命感を感じました。

年数を経るごとに、絵に精密さが増しているようにも

見えました。

 

 9月になって、気温も下がってきたので

あちこち美術展に足を運びたいなあ。

・・・と思っていたら、週末にこの台風

早く通り過ぎてほしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »