« 季節の和菓子 | トップページ | 迷いの森 »

大雅・蕪村・玉堂と仙厓 「笑」のこころ

 出光美術館で、明日23日までの展示です

 

 西洋では幸せだから「笑う」けれど、

日本は「笑う門には福来る」。

発想が違ううんぬんなんてことが、

途中の説明書きに書いてありました。

なるほど~

 

 思わず「ふっ」と笑いたくなる画を見て

まいりました。

いや、難しすぎて笑えないのも多かったんですけど(笑)

 

 この4人、正直蕪村以外はあまり名前も聞いたことが

なかったので、まさにお初!でございました。

 

 池大雅は唐子を多く描いています。

その唐子たちがかわいい^^

 

 蕪村と玉堂の笑いはちょっと難しいかな・・・

知性が要求されるようです。

  

Img_2504

こちらは仙厓の作品のポストカード。

老人がいっぱい

左は百寿老画賛、右は老人六歌仙画賛。

 

歳をとると、昔できたことがだんだん

できなくなってきますよね。

私も日々そういう思いがあります。

  

しかし、ここに描かれている老人は元気

見ているこちらも元気になってきました。

 

画も現代的でとてもわかりやすい。

失敗作もリカバリ(?)しておもしろい作品に

してしまうですって。

 

元気をもらって、銀座でご飯。

Img_2502

ミキモトさんのウインドウは、相変わらず美しい~

 

Img_250090

コスモスとキャットテール。

こちらもきれい~

 

|

« 季節の和菓子 | トップページ | 迷いの森 »

コメント

 充実した週末を過ごされたようですね。
 「笑う門には福きたる」
 「幸せだから笑う」 
 う~ん、考えたことなかったですねえ。

 とにかく 笑って過ごすことは良いこと
ですよね。

 お花もきれいな色、キャットテイルですって!
 みゃあくんのシッポはそれなりに美しかった
(猫親バカ)けど このシッポには負けます!

投稿: みゃあくんのおかあしゃんた | 2011年10月24日 (月) 09時49分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 西洋と東洋の発想の違いなんでしょうか。
「笑う門には・・・」っていい言葉ですよね

 このキャットテイル、
触ってみたかったんですけど、いけないことなので
断念。みゃあくんもシッポがかっこよかったんですね

投稿: ちょきたら | 2011年10月24日 (月) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雅・蕪村・玉堂と仙厓 「笑」のこころ:

« 季節の和菓子 | トップページ | 迷いの森 »