« 大雅・蕪村・玉堂と仙厓 「笑」のこころ | トップページ | 木枯らし? »

迷いの森

 このところ毎日一服点てて、

いただいています

 

 目的は、

  クリーミーな薄茶を点てること

  お湯の量の見極め

です。

 

 何を今更・・・なのですが、

少し前に薄茶を点てるときに

「お湯の量が少ない」と先生に指摘された

からです。

 

 今までそのようなことを言われたことがなかったので、

すっかりスランプ状態に・・・・

でも、注ぎ終わったときに

「ちょっと少なめに見えるなあ」と一瞬よぎったのも事実。

  

 初めて柄杓でお茶を点てる時は

目安として柄杓一杯にお湯を汲んで

半分ぐらい茶碗に注ぎましょうと

教えられます。

 

 でもそれは目安。

特に風炉の柄杓は小さいので

きっちり半分だと少ないかもしれません。

茶碗の大きさにもよりますね・・・

もちろんお茶の量とのバランスについては

言うまでもありません。

  

 今まで柄杓からお湯が出ていく感覚と

茶碗に注がれた量とで判断していました。

湯気がすごいと茶碗にどれくらい入ったか

見えない時もあります

  

 柄杓に頼りすぎかと思って、

ポットから直接注いだりもしました。

ここのところ、すっかり迷い人です

  

 試行錯誤したのですが、

やはり今までの自分の感覚を大切にしようかなと

思い始めています。

 

 あまり大服だと、いただくのに大変かなあと

思うので。

あ、でもとらやさんでいただくと

それなりにたっぷりありますね。

うーむ

 

 クリーミーな泡をというのは、

わたしは茶筅の動かし方が悪くて、

「お茶が回っている」状態になることが

しばしば。

そこから脱却したいと思い、

お稽古と美容を兼ねて

いただいています。

 

 今夜のは、味も量もまあまあだと

思うんだけどなあ

 

  

 お茶も点て方によって、

ずいぶん味が違うなあと

実感しています。

 

 

|

« 大雅・蕪村・玉堂と仙厓 「笑」のこころ | トップページ | 木枯らし? »

コメント

はじめまして。突然のコメントで失礼いたします。
いつも楽しく、また勉強にさせて頂きながら拝見しております。

私も裏千家のお教室に通って2カ月になります。
いつもブログで紹介される和菓子はお稽古の際のお菓子ですか。それともご自分でご準備されたものでしょうか。

季節感を感じる素敵なお菓子なので、私も頂いてみたいなと思っております。恐縮ですが、お店名など教えて頂けたらうれしいです。

投稿: kusama | 2011年10月26日 (水) 09時17分

kusamaさま

 はじめまして^^
このようにつたないブログにようこそ!でございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。

 和菓子の写真は、教室のものではないです。
最近はどこということもなく、とらやさん等で求めて
います。

 ダイエット中なので
あまり控えるようにはしているんですけどね・・・

投稿: ちょきたら | 2011年10月26日 (水) 23時41分

 お茶を美味しく点てる・・・
突き詰めて取り組んでいられる姿勢を
見習わなければと思います。

 美味しいお薄を点てるのは 実際に
難しいことで 先輩方の点てられるお茶の
美味しさに毎回感心します。
 ちょきたらさまみたいに 自分でも考え
ながら 練習しないといけないですね。

 一つ、お抹茶によっても微妙に違うと
いうこともありますね。

 秋の夜長を美味しい和菓子とお茶で、
ステキな過ごし方ですね。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2011年10月27日 (木) 17時23分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 いえいえ、突き詰めて取り組んでいるというより
迷いが出てスランプ克服のために点てているという
感じです

 柄杓でお湯を入れる時に、迷ってしまう自分がいます。
これは何度も練習するしかないですね。

 教室でもとてもおいしく点てる方がいらっしゃるんです。
そういう方を見習いたいです~^^

投稿: ちょきたら | 2011年10月28日 (金) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷いの森:

« 大雅・蕪村・玉堂と仙厓 「笑」のこころ | トップページ | 木枯らし? »