« 松永記念館茶会 その2 | トップページ | 上田宗箇  武将茶人の世界展 »

流星ワゴン

  今年の芝居の見おさめは、
キャラメルボックスの「流星ワゴン」でした。
重松 清さんの小説を成井 豊さんが脚色。
 
 
 リストラ、妻との不仲、息子の引きこもり・・・・
「もう死んでもいい」と駅のベンチに絶望的に座っていた主人公に
赤いオデッセイに乗った親子が話しかけてきます。
「すいぶん遅かったね」
 
 
 その親子との旅で、主人公はさまざまな体験をします。
・・・・と、書けるのはここまででしょうか
 
 
 実は原作を読んでから、見に行きました。
なので、わかりやすかったし、よくできているなあと。
あらすじを知っていても、やはり泣けてきました。
 
 
 原作を読まずに見た方にとっては、
どうだったでしょうか。
ちょっと聞いてみたいです。

|

« 松永記念館茶会 その2 | トップページ | 上田宗箇  武将茶人の世界展 »

コメント

 来年への楽しみをこめて
今年の舞台の見おさめをされた
のですね。

 ちょきたらさまは お茶は勿論
舞台、音楽、スポーツと広く
興味を持っていられてステキ
ですね。
 偏った私は 来年はもう少し
巾を広げたいものです。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2011年12月29日 (木) 08時50分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 いえいえ、幅広くないです。
狭いです
外に出て映画やお芝居を見るのは好きですが、
何かを作ったり、表現したりするのは
大の苦手でして・・・

 みゃあくんのおかあしゃんさまが、
色々お造りになるのがとても素敵で
あこがれています。

投稿: ちょきたら | 2011年12月30日 (金) 00時22分

今年も精力的に好奇心旺盛なちょきたらさん。
見習わなくては・・
どうもすっかり出不精でいけませんね。

どうぞ良い年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: 葉摘み | 2011年12月31日 (土) 00時08分

葉摘みさま

 葉摘みさんは日ごろからお茶会・お茶事と
飛び回っていらっしゃるじゃないですか~
わたしは基本的には家でゴロゴロしているのが
好きなんですよ

 また美術展等、ご一緒させてください^^

 今年もいろいろお世話になりっぱなしでした。
来年もたくさんお勉強させてください。
よいお年を~

投稿: ちょきたら | 2011年12月31日 (土) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流星ワゴン:

« 松永記念館茶会 その2 | トップページ | 上田宗箇  武将茶人の世界展 »