« 正午の茶事④ | トップページ | 雪やこんこん »

火入れ勉強会

  自分でお茶事をする日は・・・宇宙より遠い気がしますが(笑)
お茶会やお茶事のお手伝いができるくらいにはなりたいです。
 
 
 というわけで岡野園さんの「実践 火入れ勉強会」に参加しました。
「実践」というのは、ちゃーんと火がついたままになるように・・・と
いうことだそうです。
意外と火が消えてしまうのだそうで

 
 いきなり灰をいじるのではなく、
なぜ莨盆が重要かというお話から勉強会が
始まりました。

 
 流派によってもいろいろ違いがあるようです。
表千家では莨盆の底に奉書を折って敷きます。
これって、道具で莨盆が傷つかなくていいですよね^^
 
 
 さて、実践開始
いやあ、難しい~

 
 特に筋を入れるのは、
細かくできない
何だか荒い目になってしまいます。


 うまくいかずに何度もやり直しました。
でもそれが楽しい

 
 夢中になってふと立ちあがると
こ、腰が~っ
いえいえ、大丈夫です
こんなふうになる前にさっさと仕上げなくては
 


   
  201202261632000

みなさん、とってもうまくて、びっくり
わたしのもありますが・・・・・一番下手です


 灰にも色々あるようで、
菱灰という赤っぽいのは裏千家が使うようです。
ヒシの実の殻を焼いて作った灰だそうです。

 ヒシの実
それは初めて聞く言葉・・・
でもそれはわたしだけで、他のみなさんはご存じのようでした


 こんなに長く生きていても学ぶことはたくさんあるもんですね!


 「生きることは、学ぶこと」
最近特にそう思います。
(私が無知なだけですけど・・・


|

« 正午の茶事④ | トップページ | 雪やこんこん »

コメント

火入れの勉強会に参加されたそうで
良かったですね。
 皆さん おきれいに作られてますね!
 待合の火入れを見ると亭主の力量が
分かると言われるとか。火入れは大事。
 そして 難しい。
 流派によって 微妙な違いもありますね。

 「マイ火入れ」を持参なさったのですか?
 火入れも欲しいですね^^

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2012年3月 1日 (木) 09時09分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 自分の火入れは持っていないので、
お借りしました。大きい湯呑でもいいそうですね。
他の皆さんはご自分の火入れや灰を持参されていま
した。

 これを茶事のバタバタしている時に
するわけですから、よほど集中して手早くしないと
いけませんね

投稿: ちょきたら | 2012年3月 2日 (金) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火入れ勉強会:

« 正午の茶事④ | トップページ | 雪やこんこん »