« 貴人点 | トップページ | 正午の茶事① »

炭所望

  先日のお稽古で「炭つぎ名人」に扮しました
 
 
  「炭所望」で亭主から炭をお願いされるシチュエーション
に当たったわけです
 
 
  早速、名人技を・・・・と言いたいところですが、
これがなかなか
 
 
  ハイライト?である丸管と割管を同時につかんで、
さてこの位置にと思った瞬間、
炭が落ちて炉の中が乱れてしまいました(涙)
あちゃー
先生、ごめんなさい
 
 
 先生の「ここをこうして、ああして」の指示を
受けながらも火箸が言うことをきかず・・・
「炭つぎ名人」肩なしです
 
 
 所望はあらかじめお願いするのではなく、
席中いきなりだそう
灰器の位置がいつもと違ったら
「所望スタンバイ」状態にならないといけないって
ことですよね
 
 
 お茶事では炭や花を所望してもいいそうで、
わたしが亭主ならお願いしちゃうかも(笑)

|

« 貴人点 | トップページ | 正午の茶事① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭所望:

« 貴人点 | トップページ | 正午の茶事① »