« 節分でしたね | トップページ | 歯医者にて »

畠山即翁の茶会~光悦雪峯茶碗を中心に~

  ちょっと前のことになりますが、
まだ道路の隅に残雪が残っているころ、
久しぶりに畠山記念館へ行ってきました。
 
 
Img_2886

 

即翁の古稀の自祝と新席「翠庵」の披露を兼ねた茶会に
登場したお道具の展示でした。
 
 
その会には高松宮宣仁親王殿下と同妃殿下も出席されたそうです。
お軸には親王殿下が書かれた「翠庵」の書がありました。
有栖川流の書だそうです。
 
 
光悦作の「雪峯」はこの銘がピタリの
赤楽茶碗。


古瀬戸の肩衝茶入もみごとですし、
他のお道具も目をひくものばかり・・・・


懐石の器の中でも守屋松亭の蒔絵煮物椀は、
ため息が出る美しさ

紅毛唐子文酒呑という小品にも心魅かれました^^


見終わると、館内に1人・・・・
お茶をいただいちゃおうかなあ~
400円お支払いして、お茶室でいただくことに。

 
竹花入一重切には、椿と黒文字の枝が入れられていて、
それを見ながらお茶をお待ちしていました。
 
花の苦手な私には、その美しい入れ方に
ただ感動

椿の葉は3枚くらいにしてしまいがちですが、
口がある程度大きいなら5枚くらい残してもいいんだなあ・・・・
・・・・花に疎い私はこうやって静かに眺める時間が貴重です。
こんなことめったにできませんから。
 
 
お菓子をよく見ればいつものとは違う・・・・
有名な「長生殿」ではありませんか
この時期だけのスペシャルらしいです。
おいしくいただきながら待つと、
お茶が運ばれてきました。

 
薄暗い茶室でお茶をいただきながら、
花を愛でる。
実に至福の時間でした。
 

|

« 節分でしたね | トップページ | 歯医者にて »

コメント

 おはようございます。
立春迎えましたね。皆様によい春が来ますように。

 ちょきたら様、いい時間でしたねぇ。
一客一亭、素晴らしい時間、こりゃあ春から縁起がいいわい!

投稿: コドコド | 2012年2月 6日 (月) 07時20分

コドコドさま

 こんばんは。
「立春」という言葉を聞きますと、
寒い中にもおぼろげながら春の景色が
浮かんできます。

 コドコドさまのお祈りで
よい春が迎えられるような気がします。

 ほの暗い茶室で15分くらいでしょうか、
ひとり花と向き合っていました。
まさに一客一亭。
ありそうでなかなかできない贅沢な時間でした。
うふふ、いいことあるかなあ~

投稿: ちょきたら | 2012年2月 7日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畠山即翁の茶会~光悦雪峯茶碗を中心に~:

« 節分でしたね | トップページ | 歯医者にて »