« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

今日のおやつ①

 いただきものです


 Img_3230


 神楽坂にある、梅花亭さんの名物
「鮎の天ぷら最中」
 
 
 袋を開けると

Img_3232


香ばしい~
菜種油と米油で皮を揚げてあるんですって。
 
 
 頭からパクッといただいちゃいました
ごちそうさま~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こ、これはっ!

  今朝水をあげようと、
覗き込んでびっくり

Img_3233

 きのこが生えてる~~~~
 
 
 昨夜はなかったのに・・・・
なんと10個以上のきのこでございます。
 
 
 食べちゃおうかな
いやいや、それはキケン
 


 しかも茶花の栄養を奪ってしまうかもしれないので
抜き取りました。
 
 
 また明日も生えていたりして・・・・
(今のところ異常ナシです)

  


| | コメント (2) | トラックバック (0)

テルマエ・ロマエ

  「時空を超えた入浴スペクタクル」
というのが、宣伝文句の「テルマエ・ロマエ」
行ってきました。 

 
 
 実はずいぶん前に原作のマンガを読んだことがあります。
原作にはない登場人物や筋立てもあったような気が
(↑うろ覚え・・・(笑))
しますが、テイストは見事に表現されていたような

 
 
 阿部ちゃんの見事な肉体と彫りの深いお顔が
主役にぴったり

 
 
 古代ローマ人も現代日本もお風呂や温泉
が大好きって共通項があったのね~
・・・歴史オンチは私にはこれが正しいのかどうか
わかりませんが・・・

 

 難しいことを考えず、
とにかく笑える時間がほしいって時には
ぴったりの映画です。

 


  当日の客席は前2列以外満席!
なかなか人気のようです。
そしてイタリアでも公開が決まったとか。
ぜひイタリアのみなさんの感想が聞きたいです
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

咲きました^^

  Img_3229


 白く清楚な花が咲きました。
まだつぼみがあるので、楽しめそうです

 

 
 
 ところで、なぞの二葉が・・・

Img_3228


 隣のヒトリシズカのかなあ。
それとも別の?
ワクワクします


| | コメント (2) | トラックバック (0)

咲きそうです^^

 Img_3227


  紫蘭(シラン)が咲きそうです
白い花のようですね~


  後ろに見えているオカトラノオは
危機を脱して、元気になってきました


| | コメント (3) | トラックバック (0)

百年の秘密

  久々のナイロン100℃でございます。
もちろん作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。
 
 
  ケラリーノ作品は不思議感が漂って、
何だかよくわからなーいというのが多いのですが、
この芝居はいつもよりわかりやすいかな
 
 
  二人の女性の半生が犬山イヌ子と峯村リエによって
演じられます。


  子供のころから親友だった二人。
それぞれに結婚し、幸せな家庭を築き
変わらぬ友情を育んでいるように見えます。


 
 しかしそれぞれ互いのパートナーや親友に
言えない秘密を抱えていて・・・


 「百年・・・」というタイトルは彼女たちの孫世代まで
話が続くからでしょう。


 休憩15分を挟んでの3時間半は長いかなと思ったら、
あっと言う間でした。
親子、夫婦、女性の友情・・・色々な関係での
苦悩・葛藤が詰め込まれていたように感じました。


 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育ってほしい~

  先日とってもうれしいことに、
ブログ友(と言っていいのかしら。大先輩であります)より
茶花の苗を送っていただきました。


  スズラン、ホトトギス、シュウメイギク、
シラヤマギク、ヒトリシズカ、ホタルブクロ
シラン、オダマキ、カクトラノオの9種。


 ところがわたしの準備不足により
苗を1日遅れて土に入れることに・・・・


 プランター2個と植木鉢1個に
植えて水をやりましたが、やや元気がないわが子たち・・・


  あれから数日たちましたが、
オダマキ、ホタルブクロ、シランは元気になったものの
他のは・・・難しい状態に
ヒトリシズカは持ち直すかもしれません。
 


 なんとか元気になった子を水と太陽で
励ましつつ、花を咲かせたいです


 起床したらすぐにホタルブクロたちの顔を見るのが
習慣になりました^^
毎日の楽しみです。
感謝、感謝です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のんびり箱根②

  山のホテルからの帰りに寄った、
箱根神社。

Img_3127

 
静かにお祈りしました。
 
 
 
 


Img_3068
 
  箱根神社ではこの花がたくさん咲いていました。
シャガですかね・・・・?


 
 
 そして海賊船に

Img_3057


 雨が降ったりやんだりの天気ゆえ、
富士山を見ることかなわず


 それでも桃源台で降りて、
新緑の中を散策
楽しい時間でした 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびり箱根①

  先日、お天気が不安定な日。
久しぶりに箱根へ小旅行
 
 
  ロマンスカーですよ~
きれいな車体です。

Img_3050


 
 芦ノ湖畔でランチ。

Img_3056

おそばに見えますが、うどんです^^
三島市でとれる黒ごぼうの汁が入っているのだそう。
 
 
 腹ごしらえをしたら、芦ノ湖で海賊船に
乗るつもりでした。
・・・・が、道中でみかけたポスターを一目見て
予定変更
 
 
 山のホテルで
「つつじ・しゃくなげフェア」をやっているではありませんか
ポスターのつつじがとても美しい~

 
 行ってみると「3分咲き」との表示。
うーん、どうかなあ・・・


Img_3097


 どうです、こんな感じ
やっぱりきれい

Img_3099

 人が少ないし、かえってこれくらいの方がいいかも
ちなみに翌日は「5分咲き」の表示になっていました


 しゃくなげもぼちぼち咲いています。

Img_3108


 そこここでウグイスの鳴き声が聞こえます。
声はすれども姿をとらえることはできない・・・・
一目だけでもいいから、姿を見たいなあ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初風炉

  風炉の季節になりました。
 

  先日のお稽古では私を含めて
ほとんどが風炉になってからはじめてのお稽古。
 
 
  毎年の事ながら、どことなくみなさん戸惑う・・・
柄杓の扱い(特に引き柄杓)を始めとして、座る位置や
道具の置く位置にも「あれ?あ、そうだった・・」ってことが多くなります。
 
 
  そしてわたしのお稽古は・・・・なんと後炭
それって何年ぶり?
いや、風炉の後炭ははじめてかも・・・

 
  動揺して、炭の準備もおぼつかない私
案の定、先生からはおしかりが・・・
 

  今日は初めてだから薄茶平点前よね~
なーんて油断しているとこういうことに・・・
何度もこういう思いをしているのに、
学習効果がないぞ~
  
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

畠山記念館 明月軒

  畠山記念館ではGW中2日間、
茶室 明月軒が公開され、お茶をいただくことができました
 
 
  Img_3042


 屋根の上には菖蒲の葉と蓬の葉をくくったものを
載せてあります。
これは香りの強い物ふたつで
邪気を払っているのだそうです。

 
 鶴屋吉信さんのお菓子
「青楓」と「水」とともにお茶をいただきました。


 その後、職員の方から説明がありました。
床には伊勢物語の一編からで「禊図」(立林何帛 画)。
天皇の妻と過ちを犯した業平が陰陽師に禊をしてもら
っているという画だそうです

 
 螺鈿をたくさんつかった仏壇も公開。
何でも中尊寺のどこかの柱と同じ形だそうです。


 お隣の翠庵もちょっとだけ覗くことが
できました。三畳台目です。
鈍翁の書がかかっていました。


 美術館では「唐物と室町時代の美術」が公開。
足利義政の短冊がさらりと展示されています。
堆朱や堆黒の作品が見事。
青磁の鎬鉢がありましたが、
これは茶碗ではないんですか・・・・
とても美しいのですが。
鶴の香合もいいなあ~等々鑑賞。


 すると茶入の挽家を入れる袋を見ると
「鼠皮」と書いてあります。
ネズミ

 
 あ、でも昔童話とかにネズミの皮で作ったナントカって
出てきた気がする・・・
ネズミは今ほど嫌われていなかったのでしょうか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カキツバタ

  セザンヌ展のあと、根津美術館へ。
相変わらず雨は強くなったり、弱くなったりしながら
降り続いていました
 
 
  「korin展」で根津美所蔵の国宝「燕子花図」と
メトロポリタン美術館の「八橋図」がともに公開されているとか
 
 
  今のうちに行かないと見逃してしまう~~
そうならないうちに・・・

 
  いやあ、この二つの金屏風、圧巻です
美しい群青に心奪われますね
 
 
  雨だからすいているにちがいないと思っていましたが、
とんでもない!
外国の方も多くて、みな屏風の前で語り合っていました。
 
 
  別の展示室では「初夏(はつなつ)」のお茶道具のとりあわせが
展示されていました。


  遠州作の茶杓は「五月雨」。
まさにこの日そのものではありませんか。
 
 
  見終わった後疲れてしまい、
楽しみの庭園散策はやめて帰路につこうと思いました。
・・・が、青楓の写真くらい1枚あってもいいかと
すこしだけ出てみることに。
 


Img_302180

 
  雨にぬれた緑が美しい^^
そうだ、池があったはず。
そこまで行って戻ろうっと。
 
 
 
  歩を進めて、息を飲みました。

Img_3036

 
  先ほど館内で見た屏風のカキツバタが
そこにありました!
疲れを一瞬で吹き飛ばす、色彩です。

 
  二重の感動を胸に、美術館を後にしました。
あ~、よかった

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

セザンヌ展

  今日はやっと晴天になりました
このGWは雨に祟られましたね(涙)
  
 
  とはいえ、雨にも負けずおでかけしておりました
先日はまず、新国立美術館で開催されている
「ゼザンヌ  パリとプロヴァンス」展。
タダ券を入手したので(笑)
これは行かなきゃ!
 
 
  ゼザンヌってちゃんと見たことが
あまりなかったんです
わたしのイメージでは「美術の教科書」「静物画」って
イメージでした。
 
  
  見てみると・・・風景画も多い。
そして初期の頃からだんだん色彩が明るくなっていったり、
すこし抽象画っぽいタッチがあったり・・・と
教科書に載っていない作品群を見ることができました。


 わたしはやはり有名な「りんごとオレンジ」が
印象に残りましたね^^


 お昼ごはんに入ったお店では
このような敷紙?が。


 
 
Img_3041

浅野右橘さんという方の句だそうです。

きれいな紙なので思わず持ちかえってしまいました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

端午の節句

  今日はいいお天気でしたね。
「こどもの日」ではありますが、
男の子の節句でもあります。


  Img_3045


 とても気に入っています、このお茶碗
お菓子を添えようと思ったのですが、すでに売切れ
ちまきは入手したのですが、このお茶碗と重なってしまいますので。
おいしくお茶を点てていただきました。
 

 
 昔は男の子の節句ってつまらないなあ・・・って
思っていましたが、今は桃の節句よりこちらの方に気持ちが
傾いています
 

 兜はかっこいいなあと思うし、
菖蒲の花の色や葉の冴えわたった感じが、
キリっとしてて身がひきしまるからです。


こいのぼりが風にたなびくのもすてき^^
 

 
 年々決断力がなくなる私に
カツを入れられている気がします
 

 
 そういえば、菖蒲、杜若、アヤメの区別って
相変わらずつきませーん(笑)

 
 
 
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

アーティスト

  アカデミー作品賞を受賞して話題になった
映画「アーティスト」。
サイレント映画でどう表現しているんだろう?
 
 
  この連休にシネコンへ。
老若男女入り乱れ、大盛況です
 
 
  主役を演じた、ジャン・デュジャルダンがすてき
まるで当時のハリウッド俳優のようないでたち、
そして笑顔
スターとして輝いていたころの笑顔は、
観客をハッピーにさせます^^

 
  ところどころ字幕もありますが、
ほとんどがサイレント。
セリフが聞こえないことが
逆にどこの国にでも通用する力になっています。
 
 
 ラストは圧巻
しかし、この映画やはりテレビでは放映しにくいかも
しれないですね
NHKならしてくれるかなあ。
また見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏支度

  もうすっかり初夏の陽気になり、
わたしも半袖Tシャツで動き回っております
 
 
  悩んでいたスマホは、
夏モデルを待つことにしました。
悩んでいたわりには、あっさり・・・(笑)


  5月になり、もう袷を着る機会があまりないので、
訪問着を悉皆に出しました。
 
 
  そしたら・・・な、なんとっ
お手入れ代が・・・・高いっ
そこでは訪問着は高いようです・・・

 
  これからはもっと安いところに出さなくては

 
 
  洋服の方もいよいよ春のコートは
いらなくなってきましたね
こちらもクリーニング代がかさむ~
 
 
  とりあえず洗える着物を1枚
洗いました^^ すぐ乾くのもうれしい
 
 
  道を歩けばツツジが真っ盛り。
木々の緑や野草が楽しげにゆれています。


  一番大好きな季節の到来です^^

 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »