« うれしい七夕 | トップページ | 清州会議 »

平茶碗

夏によく使われる、平茶碗。

涼しげでこの季節にはぴったりですが、茶筅の振りようによっては、お茶が飛び散ってしまいそう…

毎年お稽古でも「下手だなあ」とへこみながら、点てています。

と思ったら、筒井先生の現代語訳「南方録」にも平茶碗は点てにくいと書いてまります。

なので
「湯を少し入れて茶筅を振り、あとから差し湯をして、また少し茶筅を振り、よく点ててから出します」とあるではありませんか。

これって薄茶のことですよね?
昔はこのように工夫していたのでしょうか。

|

« うれしい七夕 | トップページ | 清州会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平茶碗:

« うれしい七夕 | トップページ | 清州会議 »