« GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012 | トップページ | 暗闇の音 静寂の光 »

霧の茶室

 京都へ出かけてきました

今回は初めて行くところばかりです。

 佐川美術館は楽吉左衛門さんが設計したお茶室
があるところ。一度(いえ、何度も・・・)見てみたいと
切望していました。
Img_3531
いや~広い敷地です

近づいてゆくと
Img_3546
霧が吹き出しているのが見えます。
これが関係あるのかな・・・???

期間限定の記念公開の「霧の茶室」
でしたので通常と違った料金・公開方法でした。
ガイドもオリジナル茶室写真集もつかなかったです。
 
お茶室見学にはチケットのみ持参可能で
他の荷物はすべてロッカーに預けます。

そして扉の向こうには・・・
そこからは別世界。

ほの暗い廊下を進むと、椅子とテーブルのある待合。
テーブルの木はジャワのものだそう。

そこから外へ出ると一転して、
明るい空が望め、水と音の織りなす静寂の世界。
ここがいわゆる腰掛待合のようです。
ほかのお客様がいらっしゃなければいつまでも
いたい・・・・
 
 
そしていよいよお茶室へ。
靴をビニール袋に入れて、
まずは小間へ。
お軸を拝見してそれから・・・・とゆっくり
ながめているとどなたもいらっしゃらない。。。
あれれ???
どうやら小間は入室禁止だったよう
結界も注意もなかったので、てっきりいいかと思ってしまって
・・・・申し訳ございませんでしたっ<m(__)m>

そしていよいよ霧の茶室へ。
その開放感、葦の間から出てくる霧の静けさは
言葉にはできません・・・・

Img_3546_2
せめて外からの写真を添えたいと思います。

|

« GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012 | トップページ | 暗闇の音 静寂の光 »

コメント

Can I just say what a relief to find someone who actually knows what theyre talking about on the internet.You definitely know how to bring an issue to light and make it important.More people need to read this and understand this side of the story.I cant believe youre not more popular because you definitely have the gift.

投稿: hermes scarfs cheap | 2012年10月20日 (土) 02時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の茶室:

« GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012 | トップページ | 暗闇の音 静寂の光 »