« 日本フィル定期演奏会 | トップページ | GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012 »

国宝 古今和歌集序と日本の書 展

  先日会期ギリギリですべりこんできました


  のっけから、感動してしまった私です
奈良時代の百萬塔陀羅尼経(世界最古の現存印刷物ですって!)
を見て、よくぞ奈良時代のものが・・・と感動し、
その文字が現代のわれわれにも読めることをありがたく思ったわけです。


 意味はまったくわかりませんが、楷書で書かれた文字が今の時代まで
教え継がれたことに感謝です。


  そして平家納経。
現物を見たことはありません。
けれど田中親美さんの模写の見事さ、華麗さには、
言葉を失ってしまいます。


 国宝の古今和歌集序もこれまた雅び。
「やまとうたはひとのこころをたねとして・・・」くらいしか読めませんが
あの文字、紙の美しさ・・・
「紙によって文字を変えているわね」とおっしゃっている方も
いらっしゃいました。


 寸松庵色紙や和漢朗詠集(益田本)、
秋の和歌を書いた光悦の和歌巻等々、小さな美術館に
ぎっしりと宝物が展示されていました。


 感動ものです!


Img_3526
 絵はがきを買ってみました^^


|

« 日本フィル定期演奏会 | トップページ | GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012 »

コメント

またまた 感動の芸術鑑賞!
素晴らしかったのでしょうね~
読めていられるではないですか!
凄いです。
奈良時代の物が 今 そこに
見られる!
鳥肌が立つようでしょうね。
滑り込みでも何でも 行かれた
甲斐がありましたね。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2012年10月 8日 (月) 23時03分

またまた 芸術の秋を堪能して
いられるますね。
1300年前の文字をすぐ目の前に
できるなんて鳥肌が立つよう
でしょうね。
読んでいれれるところが
凄いです!

滑り込みでも 行かれて
良かったですね~!

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2012年10月 8日 (月) 23時09分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 ほんとに鳥肌ものです!
よくぞ無事に伝わってきたなあと。
そして当時と同じ文字を現在も使っていることにも
感動しました。

 読めたというより、覚えていたと言うべき
ですあの流麗な文字、読めたら
すてきですよね~

 

投稿: ちょきたら | 2012年10月 8日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝 古今和歌集序と日本の書 展:

« 日本フィル定期演奏会 | トップページ | GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012 »