« 羽根木公園にて | トップページ | 夜咄の茶事 »

ZESHIN 柴田是真 漆工・漆絵・絵画

 ポスターを見たときから、ぜひとも

と思っておりました。
 そして「日曜美術館」で予習を終え、
満を持して行ってきました



 ところが行ってみると、人人人人人・・・・
予習組が大勢いらしているようです
あなどれませんな、「日曜美術館」
Img_3933


 いやはや、どれがいい!
と言えないくらい、どれもすばらしい


 青海波塗・四分一塗等さまざまな技法は、ちょっぴりだまし絵っぽさも
出したりして見る人を驚かせます。


 そして、構図がとっても粋
「紅葉狩蒔絵板戸」では岩と岩の間に枝を渡し、
そこに鉄瓶をかけてお湯をわかしている図。
鉄瓶が主役に収まるなんて、おもしろいですよね。


 漆や蒔絵と言うと、箱や菓子盆、印籠等に目が行きますが、
漆絵画帖も実によかったです


 2階では経典の展示。
これがとーーーーーっても人が少ない
二月堂焼経や国宝の観普賢経があるのですが・・・
おかげさまでじっくり鑑賞できました


 そしてお楽しみの茶道展示では、「口切」がテーマ。
寄付からすっかり引き込まれまして、ガラスがあるのが
悩ましい(笑)
紅志野茶碗や備前の水指等々種々心満たされて
帰ってまいりました。


Img_3929

空にやや冬枯れの趣の照り葉。
根津美術館の庭から。

|

« 羽根木公園にて | トップページ | 夜咄の茶事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZESHIN 柴田是真 漆工・漆絵・絵画:

« 羽根木公園にて | トップページ | 夜咄の茶事 »