« 2013年になりました | トップページ | 茶道具と円山派の絵画 »

レ・ミゼラブル

 舞台ではずーーーっと上演されているのですが、
映画化は初めてだそうで。
有名なミュージカル作品ですね。

 

 舞台「レ・ミゼラブル」にはちょっと苦い思い出が。


 実はその昔名古屋で上演されたとき、
激戦の末、チケットをゲット
やったー!と思っていたのですが、
なんと公演日の前々日から東京で研修が入ってしまい、
当日ダッシュで劇場へ。


 しかし、後半しか見られず、さっぱり訳わからん
状態でフィナーレ・・・・それ以来、なんとなく「レ・ミゼラブル」は避けて
まいりました


 あれからずいぶんたちました^^


 映画の前評判を聞き、これは見逃さない方がいいぞと
さっそくGO!


Img_4009
 
 やや展開が早くて、ちょっとつっこみ入れたくなるところも
ありますが、やはり随所で号泣
コゼットよりもエポニーヌの方がわたしにはグッときましたね。
ファンテーヌも・・・
ラッセル・クロウが印象に残ります。


 あっという間の2時間40分でした。
 
 
 

|

« 2013年になりました | トップページ | 茶道具と円山派の絵画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

« 2013年になりました | トップページ | 茶道具と円山派の絵画 »