« レ・ミゼラブル | トップページ | 楽 吉左衛門展 「フランスでの作陶」 »

茶道具と円山派の絵画

 「ゆくとし くるとし」とサブタイトルがついた
三井記念美術館の展示。
見ごたえがありました

Img_4010

 光悦「雨雲」や国宝 「卯花墻」等々、三井記念が誇る茶道具が
ずらーり。
 
 高麗茶碗の特集では、私の好きな斗々屋茶碗「かすみ」や三好粉引にも
再会できました^^

 円山応挙の雪松図屏風(国宝)は、見事でしたね~
新年にふさわしい展示です。

 夜咄の茶事の道具組も興味深く拝見。
昨年末に勉強会に参加しておいてよかった!

 今回は切手コレクションも。
ロンドンオリンピックを記念して、イギリスの
切手が中心ですが、一部東京オリンピックの記念切手も。

 あ、これが美術館初もうでになりますね

|

« レ・ミゼラブル | トップページ | 楽 吉左衛門展 「フランスでの作陶」 »

コメント

この展示、暮れに見に行きました。
明けては展示が変わるんですよね。
また見に行きたい!

古筆の講義で話に聞いた高野切が掛かってましたが、遠くて・・・(泣

投稿: 葉摘み | 2013年1月 8日 (火) 22時24分

葉摘みさま

 そうなんです!
展示替えがあったので、わたしは「雲龍図」とかは
見ていないのですよ~
最近はそういうことが多いので、全部見ようとすると2回は足を運ばなくてはなりませんね。

 「高野切」、本当に遠いですよね・・・
でも手前に「卯花墻」が展示されていましたね

投稿: ちょきたら | 2013年1月 9日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶道具と円山派の絵画:

« レ・ミゼラブル | トップページ | 楽 吉左衛門展 「フランスでの作陶」 »