« 春を祝う―仁清・乾山・光琳― | トップページ | 近づく春 »

法磨之式

  茶道の修練でもある、花月。
少しも上達しませんし、巧者の方々に指示されないと
動けないていたらくであります


 それでも大好きです。
花月はできなくても、やはりおもしろい
私レベルの人ばかりではなーんにもできませんが、
かなり出来る方々に入れていただくと、
「もっとやってみたい!」って気持ちになります。


 ・・・・・が、法磨之式だけはちょっと別
これは好きになれない~~


 なぜかというと、
お点前に点をつける花月だからです
つけられるのも、つけるのもいやだなあ~

 先日お稽古したのですが、
やはり点をつけるとなると
妙な緊張感が漂います・・・・
わたしも「うーーーん」と悩みながら
つけさせていただきました

 これも修練なんでしょうね

|

« 春を祝う―仁清・乾山・光琳― | トップページ | 近づく春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法磨之式:

« 春を祝う―仁清・乾山・光琳― | トップページ | 近づく春 »