« ホロヴィッツとの対話 | トップページ | オリエントの美術 »

逆勝手

 寒さがゆるみそうで、なかなかゆるんできませんね

 茶道では、この時期は大炉
そして大炉といえば逆勝手


 頭の体操です・・・・
気をつけているつもりでも
帛紗を左ひざ前に持って行ってしまったり、
足の運びを間違えたり・・・・


 なかなか完璧になりません

 内心「あまり実用性ないかな・・・」と思いがち
なのですが、一度だけお茶会で逆勝手のお点前を見たことが
あります。ただし、風炉でしたが。


 逆勝手で花月なんて、もう考えられない(笑)
 


 





 

|

« ホロヴィッツとの対話 | トップページ | オリエントの美術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆勝手:

« ホロヴィッツとの対話 | トップページ | オリエントの美術 »