« 晴海通り | トップページ | 利休忌 »

曜変・油滴天目 茶道具名品展

Img_4160

 静嘉堂文庫美術館へ久しぶりに足を運びました。
 曜変天目や油滴天目との再会も楽しみでしたが、
この日の目玉は赤沼多佳先生の講演でした。


  満員御礼の人気ぶりです。



 テーマは「数寄にかなった唐物茶碗ー灰被天目・黄天目ー」
曜変や油滴に目を奪われがちですが、
地味?な灰被天目や黄天目についてでした。


 足利将軍家時代から天正時代にかけて
茶道の意識に大きな変化があったということから
この灰被天目もわび茶で評価されるようになっていったようです。

 初心者の私にはなかなか難しいお話でしたが、
もっと勉強しなきゃ!という気になりました


 今回の展示では茶入の名品等々、目を奪われるものが
多く、遠くまで行った甲斐がありました~
 

|

« 晴海通り | トップページ | 利休忌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曜変・油滴天目 茶道具名品展:

« 晴海通り | トップページ | 利休忌 »