« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

東京アートアンティーク

 京橋・日本橋界隈の美術店が
初心者でも入りやすいイベントを用意している
東京アートアンティーク。

 今年もちょっとだけ立ち寄ってみました
 イベントに乗じてだと入りやすいけど、
それがないと敷居が超高~い


 それでも何店かに潜入(?)
あるお店では1階のみ拝見したものの、
2階以降は行けず。
あちこちそんな感じでした。
  最後に立ち寄ったお店では
勇気を出して全部見させていただきました。
背中に視線感じましたけど


 さておいとましようかという時に
「どういう展示だったらまた来たいと思われますか?」と
尋ねられました。


 こういう作家のがとか、こういうテーマのがとか
希望がありますか?とのこと。


 えー、そんなこと急に聞かれても・・・
なんで私ごときに~


 他のお客様は?
「いえ・・・今初めてお尋ねしました」


 ああ、初心者をお客に開拓したいのですね
 午前中、花入れのことを考えていたのを
思い出して咄嗟に
「いろいろな花入れが見たい」と答えちゃいました。


 みなさま、どういう展示を希望されてるのでしょう・・・
中国の○○時代のとか、作家の○○なんて私には
言えない、言えない。


 帰宅後まだチェックしていなかったグリーンジャンボの
当選発表をにらめっこ。
やはりかすりもせず、ハズレ


 1等当たっていたら、
アートアンティーク協賛店に堂々入って、
数々楽しくお買いものできるのに(笑)

 来年も再来年もこの時期に遠慮がちに
数店覗くしかないですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

炉の終わり

 炉でのお稽古は最後。
なのに悔いの残る締めくくりとなりました
貴人清次(濃茶)は久しぶりではありましたが・・・


 ここでは書けないくらい
あれも忘れ、これも忘れのひどさ。
わたしの脳細胞は眠ったままだったようです


 貴人清次と言えば、千鳥板。
懐紙の中に入れることになっていますが、
そのせいか出し忘れそうになりますね


 わたしも持ち帰ったことが1-2度あります。
「MY千鳥板」を持参した方がいいのでは?と
今回も思いました

 お稽古の帰り道は、新緑輝く世界
陽ざしが痛いくらい。


 衣替えしなきゃ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブライダル

 篠井栄介、深沢 敦、大谷 亮介の3人ユニット「3軒茶屋婦人会」は
今年で10年なんだそうです。

 3人とも女性に扮し、さまざまな時代の女性の人生を
演じてきました。


 10年で5作。
その5作目が「ブライダル」
Img_4488

 まだ公演中なので、例によって詳しく書けないのですが・・・
 

 結婚が決まった香織。彼女は幸せ気分で親友の真由美に
電話で報告。真由美は電話の向こうで複雑な表情。
そして真由美はそのあと、友人でブライダルコーディネーターの
陽子に香織の結婚のことと、その相手が陽子の元彼だと告げる・・・
 
 そこからアラフォー同級生3人の女性の葛藤が
始まります。


 
 篠井さんはとにかく美しい
ノースリーブのショートドレス姿といったら
腕も足も完璧にきれい~
こちらが女性と名乗るのが、恥ずかしい・・・・
 深沢さんは幸せにあふれたかわいい女性そのもの^^


 そして大谷さん。
正直言って1-2作目あたりは、
女性になるのは無理な顔立ち、体型だなあと思っていたのですが、
前作「紅姉妹」からすんなりと女性になってきました。
今回は肌がとってもきれいなんです
陰影の漂う女性を見事に演じていました。


 終演後はトークショー。
開演前に観客が書いた質問に対して、
3人が応える形式でした。
 「思い出の役は?」「衣装はどうやって選んでいるか?」
「生まれ変わるなら男と女、どっち?」等々の質問の中に
「『バニティーズ』(第1作)再演の可能性は?」とありました。



 チアリーディングシーンから始まる芝居は、
とてもハードだそうで、再演はかなり難しいみたい。
とてもおもしろく、考えさせられる芝居でしたが・・・・・
しかたないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大円草

 今年は桜も早ければ藤も早いですね

すでに美しい花をあちこちでお見かけします。


 さて、炉の終わりが近づいてきました。
そんなさなかに大円草のお稽古
 例によってとってーーーーーーも長いお点前。
ノートがなかなか完成しません


 しかも何度もお点前中に移動があるため、
着物の裾が気になりっぱなし。
 お客様の所作も、むずかしいんですよね・・・
四ケ伝より上のお道具拝見の時は
特にそうです。


 帰宅してノートを整理して・・・と思ったら、
睡魔がおそってきます
 奥伝のお稽古は体力勝負


 今のうちにもっとお稽古しなきゃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おのれナポレオン

 まるで一人芝居を行うようなセット。

 でも出演者は6人でございます

Img_4487
 部下(山本耕史)、部下の妻でナポレオンの愛人(天海祐希)、
主治医(今井朋彦)、使用人(浅利陽介)、総督であり監視者(内野聖陽)に
よってナポレオンの死因が語られてゆきます。


 そして天衣無縫なナポレオンを演じたのは、野田秀樹

 わたしはあまり彼の舞台を見ないのですが、
大河ドラマ「新撰組!」で勝海舟を演じた時に、
「実際の勝ってこういう話し方する人だったんじゃないかなあ」と
思っておりました



 「こう来たか
エンディングでの実感。


 シンプルな舞台にも「なるほど」と
うなづいてしまうのでした
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菊菜豆腐

 豆腐をすって、そこに春菊を混ぜ
お団子にする・・・・・・

 こんなに簡単なことなのに、
なかなか成功せず、ついに4回目の挑戦


 今日は、
   1、水切りしっかり!
   2、豆腐はいつもよりなめらかにする
   3、春菊を少なめに、そして細かく切る
ということを心がけてみました


Img00611

すり鉢であたって・・・・


Img00613

お団子にして、茹であがり

うん、今度はやっと成功
お味噌汁に入れて、いただきました
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KITTE

  やっとKITTE(旧東京中央郵便局)に行けました~

Img00591_2


 オープン以来凄い混雑ぶりだと聞いていましたので、
敬遠していました。


 
Img00592

吹き抜けになっているんですね。


 夜に行ったので、比較的すいていました。

Img00598

 空中庭園もすてき~

Img00603
東京駅が上から見えまーす^^

お店もおもしろそうなところが多いです。
近くに行ったら、また寄ってみよっと   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球春~

 東京ドームへヤクルト戦を観戦に

 入り口でベースボールカードが配られました。

Img00608

 国松 彰選手が1960年に国鉄スワローズ戦で
代打満塁サヨナラ弾を打ったの写真だそうです。



 普通に試合が始まると思ったら・・・
なんと始球式が


Img_6025

米倉涼子さんでした~


 今日の先発はほとんど右打者。
ちょっと前はずらーっと左打者ばかりだったことも。

 試合は菅野VS石川の投手戦に。
3-1で巨人が勝ちました。

 試合後は久しぶりのイタリアン。
Img00587


勝利を祝って、ワインもいただきました。
Img00588

うーん、満腹
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶びのお席

 前日の雨に洗われた新緑が美しく輝いた日

 慶びにあふれたお茶会に行ってまいりました。


 裏方が少ないということで、
ちょっとだけお手伝いもさせていただきました。
ただし、力仕事中心です
        (がんばるよー

 お湯を沸かしたり、机を運んだり、毛氈敷いたり・・・
荷物もわっさ、わっさ
お茶会ってこんなにたくさんのものが必要なのね


 初めてご一緒する大先輩の下でのお手伝いでしたが、
この方が実に素晴らしい方でした

 
 お茶会全体を見渡しながら、的確に指示してくださるし
わたしの疑問にもやさしく、しかも具体的に納得するよう
教えてくださいました。
おかげでわたしも慣れないながらも委縮せず、
楽しく動くことができました^^

 途中から親しい大先輩がお手伝いに加わり、
気持ちに余裕が。さらに別の大先輩が飛び入り参加。
あわただしいながらも大先輩に囲まれて、
何だか楽しい時間でした


 薄茶席では雅な春を、濃茶席ではご亭主が長年温めて
こられた「春」を拝見いたしました。
感涙のお席。


Img_448080

 いつもは失敗してドーンと落ち込んでしまうお茶会。
今回は失敗もたくさんしたけれど、楽しさとすがすがしさが
甦るお席でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かわいい和菓子^^

 一瞬「ピカチュー」かと(笑)



 しかし、これは虎屋さんの「幸とら」
Img_4472


外の黄色いトラは羊羹です


またまた草餅も

Img_4473


疲労回復には、やはり甘いものを
そして睡眠
今夜は早く就寝します
おやすみなさーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育っておくれ~

 昨年はたくさん茶花の苗をいただいたにもかかわらず、
うまく育てられませんでした

 お心に応えられなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 残った苗に水をやりながら、
「今年こそ花を!」と願っています。


 そして、球根ものならもう少しうまくいくかも・・・・
と根拠のない期待(笑)をして、鷺草を育てることに
再チャレンジ


 ホタルブクロにも挑戦します。
 さて、今年は大丈夫かなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の東京新聞エイプリルフール

 東京新聞はまじめに(?)エイプリルフールに
取り組んでいる新聞らしいです。

 毎年、4月1日には(だけは?)東京新聞を買う人も
いるようです^^

 今年はわたしも忘れずに買いましたよ~


Img_4471


 見開き真中には「野球の起源 日本だった」と称し、
鳥獣戯画風のうさぎとカエルが野球をしている絵巻を
掲載。


 「平安末期の打毬が起源」との説を堂々
発表


 たまげたのは、右端の記事。
「花粉症 鼻毛が救う ハナゲン誕生」と
文字が並んでいます。


 その見出しの下には、鼻毛ボーボーの人
・・・いや、どう見ても女性が写っています


 シュワちゃんの映画とタイアップしたウソ広告や、
ハトバスと組んだ徳川埋蔵金発見ウソ広告・・・・


 ここまでできるのは、大したもんです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

季節の和菓子

 新年度が始まりました。

 昨日はめずらしく家から一歩も出ずに
過ごしました。

 籠城しながらも、
糖分はきっちり摂取しています


Img_4469_2


Img_4470


 桜が早かろうが遅かろうが、
この時期には桜餅と草餅は欠かせませ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »