« ブライダル | トップページ | 東京アートアンティーク »

炉の終わり

 炉でのお稽古は最後。
なのに悔いの残る締めくくりとなりました
貴人清次(濃茶)は久しぶりではありましたが・・・


 ここでは書けないくらい
あれも忘れ、これも忘れのひどさ。
わたしの脳細胞は眠ったままだったようです


 貴人清次と言えば、千鳥板。
懐紙の中に入れることになっていますが、
そのせいか出し忘れそうになりますね


 わたしも持ち帰ったことが1-2度あります。
「MY千鳥板」を持参した方がいいのでは?と
今回も思いました

 お稽古の帰り道は、新緑輝く世界
陽ざしが痛いくらい。


 衣替えしなきゃ

 

|

« ブライダル | トップページ | 東京アートアンティーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炉の終わり:

« ブライダル | トップページ | 東京アートアンティーク »