« 国宝 燕子花図屏風 琳派の競演 | トップページ | 長嶋さん、松井さん、おめでとうございます »

薫風茶会

 よいお天気が続きますね

 桃の節句ももちろん大好きですが、
近年は端午の節句の方に気持ちが傾きつつあります。
(・・・・男性化しているのでしょうか・・・???(笑))

 菖蒲やカキツバタの色や姿に
「しゃきっとしなさい」と励まされるような
気がします。


 「お気軽にどうぞ」の文言に誘われて
荻窪のお道具屋さんのお茶会に行ってまいりました。


 初めてのところで勇気が入りましたが、
戸を押せば古備前の三耳壷にたっぷりのマンサクが
迎えてくださり、さらに待合には
芝原人形(しばらにんぎょう)や藁馬が勇壮かつ
かわいくご挨拶^^

Img00690


 やさしい笑顔のご主人の「よくおいでに」のお言葉に
徐々に緊張感がときほくされ、立礼席へ。
奥さまがお点前してくださいます。


 普段は商談で使っていらっしゃる場所に
喫架を向かい合わせて点茶盤に。
本箱は更紗で目隠しして、その上にはよく
整理された陶片を入れた箱が。
工夫のお席にたいへん勉強になりました。

 床は淡々斎「水上青々翠」で帆かけ船の賛が
書いてあります。


 香合は木地の「ぶりぶり」。天・地・人と3個しかないものの
「地」。利斎です。

 
 茶杓は小森松菴の「吹流(ふきながし)」。
以前こちらで松菴の茶杓・茶陶展示会をされたことが
あるそうで、まさに御心入れのお道具です。


 老松棗にはお点前中から目が吸い寄せられて
しまいました。渡辺喜三郎でした。


 亀屋万年堂当日お届けのできたてお菓子「花菖蒲」と
藤丸さんの「蓬莱」で2服もいただき、感激してお店を後に
しました。


 やさしくていねいにお話してくださるご主人と
おだやかな奥さま、どうもありがとうございました。


 

|

« 国宝 燕子花図屏風 琳派の競演 | トップページ | 長嶋さん、松井さん、おめでとうございます »

コメント

すてきなお茶会を見つけられましたね。
爽やかな初風炉の季節、端午の節供の趣向で楽しそう~ そのうち私も伺いたいです。

投稿: 竹とんぼ | 2013年5月 6日 (月) 20時42分

竹とんぼさま

 わたしが見つけたわけではないのです^^
お茶をしていてよかった~と思う時間がそこには
ありました。

 またご一緒してください

投稿: ちょきたら | 2013年5月 6日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薫風茶会:

« 国宝 燕子花図屏風 琳派の競演 | トップページ | 長嶋さん、松井さん、おめでとうございます »