« 長嶋さん、松井さん、おめでとうございます | トップページ | 映画「舟を編む」 »

麗しの漆

 畠山記念館では蒔絵と螺鈿を施した作品を
展示しています。

Img_4511


 今回の目玉「国宝 蝶螺鈿蒔絵手箱」は11日から
19日の公開予定のようです。


 螺鈿や蒔絵の硯箱もうっとりしましたが、
今回は懐石料理の椀や杯等の漆に注目してきました。
 渡辺喜三郎の明月型懐石皆具の
美しかったこと


 それと「螺鈿金銀蒔絵大厨子」の一部?
(だと思う)が展示されていました。
これも言葉が出ないくらい見事なものでした。
 私が行った日は淨楽亭の公開日。
Img00695
 屋根には菖蒲とヨモギの葉。
これで邪気を追い払ってくれるのだそう^^
こちらでお茶をいただきました。


 お軸には琴高仙人(きんこうせんにん)が
鯉の上にのっている雪村の画。
躍動感あふれる表現です。

 普通は鯉にまたがっている琴高仙人像が
多いそうですから、めずらしい構図のようです。


 畠山記念館はこじんまりとしながらも
お庭がすばらしい。
新緑と風が織りなすハーモニーを味わいながら
帰路につきました。


   


 


 

|

« 長嶋さん、松井さん、おめでとうございます | トップページ | 映画「舟を編む」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麗しの漆:

« 長嶋さん、松井さん、おめでとうございます | トップページ | 映画「舟を編む」 »