« 新緑の京都 その1 | トップページ | 30周年のTDL ① »

新緑の京都 その2

 智積院には初めて行きました。

Img_4570

 
 成田山新勝寺や高尾山薬王寺等を擁する
真言宗智山派の総本山です。

 こちらには等伯一派の障壁画(国宝)があり、
しかも間近に見られるのです

 その中の「桜図」は胡粉で桜を描いた
等伯の息子久蔵25歳の作品。
部屋が暗ければ、ぼ~っと花が浮かび上がって
見えるかもしれません。
Img_4574

 これは「桜図」の複製。


Img_457880

お庭も見事。あの植え込みのカット?は
琵琶のバチを表現しているとか。


 その後は方広寺へ。
国家安康の鐘があります。
Img_4584

「国家安康 君臣豊楽」の銘文が、
刻まれています。

豊臣家滅亡のきっかけになったそうですが、
ここまで言いがかりをつけられても・・・・


短い旅はここで終わりでーす^^

|

« 新緑の京都 その1 | トップページ | 30周年のTDL ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の京都 その2:

« 新緑の京都 その1 | トップページ | 30周年のTDL ① »