« 古染付と祥瑞 | トップページ | 幸之助と伝統工芸 »

ハオチェン・チャン ピアノリサイタル

 辻井伸行さんがヴァン・クライバーンコンクールで金賞をとったときに、
ハオチェン・チャンも同時受賞だったこと、知りませんでした・・・・


 何の気なしに出かけたリサイタルでしたが・・・・
実にすばらしかったです

Img_4698


 ステージ上に現れたハオチェンは、
にこやかにあいさつ。
多くのピアニストは、ピアノの前にすわると
すっと間髪なしに弾き始めます。

 ところがハオチェンは、
座るとおもむろにハンカチで鍵盤をふき
(音が出ないようにふくのが見事!)
2曲目以降は自らの指を拭き、たまに顔も
そしてスーツの衿をただし、袖口を確認。

 曲間にかならず行われるこの儀式?、
これそまさしく「ピアノ界のハンカチ王子」では


 鍵盤にゆっくりと置かれて奏でる音楽は、
やわらかく静かに紡ぎだされます

 その美しさに思わず休憩中、
CDを買いに走った私


 前半はベートーベンピアノソナタ30番にショパン3番。
後半はリスト、ドビュッシーのあとストラヴィンスキーのベトルーシュカから
3楽章。

 やわらかい前半に比べ、
後半は力強さと奥行きのある音色。
すっかりトリコになりました

 観客の熱のこもった拍手に、
ハオチェンはアンコール2曲で応えてくれました


 演奏会終了後は、サイン会
もちろんわたしも並びましたが、
その列の長かったこと。


Img_4699
 一人ずつサインの後、握手
演奏後だし、軽い握手かと思ったら
がっちりと力強いのでびっくり
疲れてしまうのでは、手を痛めるのでは
と心配になるくらい

 サインしている時のハオチェンは
少年のようでした

|

« 古染付と祥瑞 | トップページ | 幸之助と伝統工芸 »

コメント

私も思わず休憩中CD購入してサイン会並びました。
ハオチェン君…私の時、目も合わせてくれず握手もなく終わってしまいました。悲しかったです。でもでも演奏は120%満腹でした!楽しかった!!けど、悲しかった!(愚痴ってごめんなさい)
今度行く機会があったときには、サイン会は並ばず(笑)  演奏を180%楽しもうと思いました^^

投稿: | 2013年6月25日 (火) 23時31分

まあ!リサイタルに行かれたのですね
ひょっとして列の後ろの方だったのでしょうか。
ずいぶん長い列でしたものね~
スタッフから「巻き」が入っていたのかも
しれませんね。

演奏はよかったですよね
次回の来日が楽しみです^^

投稿: ちょきたら | 2013年6月26日 (水) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハオチェン・チャン ピアノリサイタル:

« 古染付と祥瑞 | トップページ | 幸之助と伝統工芸 »