« 中秋の名月 | トップページ | 新歌舞伎座へ~ »

炭の扱い

 久しぶりに後炭手前のお稽古。

 さっそく、炭斗に炭を組む・・・・
うーん、うまく乗らない


 炭手前も苦手ですが、
それ以前の炭を組むのに一苦労。


 特に風炉の炭は全体的に細くて、
数も少ない。最後の輪胴を乗せると
ガチャっと崩れます


 たしか表千家さんはもっと安定した組み方
だったよなあ・・・とちょっぴり他流をうらやむ
瞬間


 ガチャガチャと組み直し、
はては先輩のお力をお借りして・・・もダメ。


 香台を近づけ、さらに組み直すこと数回。
偶然うまくいったので、そこからスタート


 いつものお稽古だと先生が
「ここにこれを・・・」とアドバイスしてくださるけれど、
今回は「お茶が点つようにね」とだけ。


 これくらいかな・・・と初めて自分で判断して
ついでみました


 相変わらず順番もままならない私ですが、
とりあえず炭のパチパチ音が聞こえて
ほっとしました

 後炭はむずかしい・・・・

 

|

« 中秋の名月 | トップページ | 新歌舞伎座へ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭の扱い:

« 中秋の名月 | トップページ | 新歌舞伎座へ~ »