« ipod nano | トップページ | 山下達郎コンサート »

絵処能

 人間長く生きていても(まだそれほどでもないのかな^^)、
食べたことがないもの、見たことがないものが
たくさんあるものですねえ。


 私の場合、能・狂言もそのひとつ。
なかなか機会がないし、
やはりレクチャーしてくださる方が
ご一緒じゃないと


 そんな私向けの公演があると知って、
さっそく参加しました。

 日本画家アラン・ウェストさんのアトリエを使用した、
「絵処能」。さまざまな解説をしながら、短時間の公演を
してくださいました。
「紅葉狩」です。

 過去何回かテーマを決めているそうで、
今回はお囃子についてでした。
解説は喜多流能楽師 大島輝久さん。
この方のお話がおもしろくて、おもしろくて~

Img01451
みんなで謡ってみましたよ~
「かくて時刻も移りいく~♪」

Img01452
笛の槻宅 聡さん。
笛は吹けないので、口で唱えました。


Img01457
左が大鼓の原岡 一之さん。
左は小鼓の大山 容子さん。
両手をたたいて、鼓を打っている真似をみんなでしました^^


最後はお囃子方とともに、大島さんが美しく武将を
誘惑する女性(じつは鬼)を舞ってくださいました。
衣装はつけてなくても、実に美しいたたずまい・・・


日本にはこういう文化もあるんだ~と
感動しました

|

« ipod nano | トップページ | 山下達郎コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵処能:

« ipod nano | トップページ | 山下達郎コンサート »