« 土鍋でごはん | トップページ | イーハトーボの劇列車 »

国宝「卯花墻」と桃山の名陶

 三井記念美術館では、
桃山後期の志野、黄瀬戸、瀬戸黒、織部に
国宝「卯花墻」も展示されています。

Img_5071


 志野と一口にいっても
鼠志野、赤志野等々いろいろに分類されます。
鼠志野草文香炉に心ひかれました^^

 山水画を描いた志野文鉢もありましたね。

 志野、黄瀬戸、瀬戸黒と見た後で
織部を見ると、造形の多様さ
唐三彩を思わせる色彩の美しさに驚かされます。
 
 時代が進むと織部も優美さを漂わせた作品が
出てきます。


 楽しい鑑賞時間でした

|

« 土鍋でごはん | トップページ | イーハトーボの劇列車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝「卯花墻」と桃山の名陶:

« 土鍋でごはん | トップページ | イーハトーボの劇列車 »