« またもや・・・ | トップページ | 3連休は・・・ »

中村宗哲展

 十三代中村宗哲さんの襲名記念展が三越で
開かれてると聞いて、さっそく行ってまいりました。

 個人作のもあるのですが、工房作もあります。
わたしは塗りがどうこうってのは正直わからないのですが、
シンプルな黒棗でもぐっと抑えたおちついた感じに見えました。

 黒だけでなく、緑、主、青、黄といった色彩の作品は
華やぎもあるし、モダン。
お値段さえもっと・・・・(涙)
ま、ちょっと買えませんね


 妹さんは陶芸家四代諏訪蘇山さん。
妹さんとの共作もあるわ~と思っていたら・・・


 そこへ上品な姿の宗哲さんご本人、登場
蘇山さんもいらっしゃる~


 お声をかけてくださった方が呈茶券をお持ちだったので
さっそく添釜のお席(立礼席)に入ると、なんと正客席には宗哲さん
次客には蘇山さんご主人、三客には蘇山さん。
ラッキーですっ

 お点前はお席を持たれた先生自らがされました。
お話が弾む、弾む
宗哲さん、蘇山さんもとても気さくにお話してくださる。

 主茶碗は先代宗哲さんの絵付。
次客のお茶碗は、蘇山さんご夫妻の結婚の際に
永楽さんからいただいたものとか。
三客のお茶碗は蘇山さんのご自作^^
美しい富士山が描かれていました。


 われわれの数茶碗は、蘇山さんご夫妻の婚礼の
時に使われたものだそう。
おめでたいお茶碗でいただいたお茶は、
中村家のために作っているもの。
銘は「方寸」
京都から取り寄せた味噌松風もとっても
おいしい~

 お軸は大宗匠の「松老五雲披」。茶杓は「慶雲」で
やはり大宗匠。


 心満たされた時間。
まさに一期一会。
 

|

« またもや・・・ | トップページ | 3連休は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村宗哲展:

« またもや・・・ | トップページ | 3連休は・・・ »