« 茶の湯 裏千家 茶の湯と出会う① | トップページ | 文楽 本朝廿四考 他 »

古川日出男トークショー

 池袋ジュンク堂で古川日出男さんと
佐々木敦さんとのトークショーが行われました。

 「今だから語れる『聖家族』、そしてデビュー15周年」と
いうタイトル。

 あわてて「聖家族」を読み始めたものの、
当日までにはとても読み切れませんでした

 もちろんお目当ては、こちら。

Img_5137


 難解だった芝居「冬眠する熊に添い寝してごらん」
のヒントになるようなことを語ってくれるかもしれない
という期待があったのです^^
 予想通り、いや予想以上に
「冬眠熊」のことを語ってくれました。



 写真の単行本と「新潮」掲載の上演台本では
分量がかなり違います。
 もともと単行本の元になる作品があり、
上演に際してかなり削ったのだそう。
(もっとも後に単行本からいくつかの場面を
台本に加えてあるそうです)


 稽古もゲネプロも見ることなく、いきなり
初日舞台を見たとのこと。
「もし、おもしろくなかったら途中で席立とうと
思ってた」・・・・こ、こわっ
出演俳優さんたちは、この話聞いたらぞっとしたことでしょう。


 実際に舞台を見たら、
「こんなにアングラな芝居だったのか」
「これでは子供には見せられない」と
思ったそう。

 そして
「イメージどおりでないところがおもしろかった」
だそうです。
 動物が出てくる作品が多いのは、
人間を描くためには人間だけではだめ
だと考えているから。
・・・・なるほどねえ・・・・
とはいえ、よくわかってないなあ、私(汗)

 原発、戦争、石油・・・・等々の問題を描いたと思われる
「冬眠熊」は、さまざまな解釈ができ友人たちとも
話し合っています。
それがまた楽しい。

 時に眼光鋭く、時に子供のような笑顔で
2時間近く語ったあとは、サイン会


 ちょっと読むには・・・・・・・
と思う本をうっかり買ってサインをいただいてきて
しまった私でした
(ミーハーだなあ)

|

« 茶の湯 裏千家 茶の湯と出会う① | トップページ | 文楽 本朝廿四考 他 »

コメント

私には難しすぎます(汗)
それにしても ちょきたらさまは
広いジャンルに通じていられて
感心します。
頭が固い私は見習わなくては・・・

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2014年2月11日 (火) 20時20分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 いえ、最近の私頭カタイというか、
いい加減になっています(汗)

 たとえば、何かの説明文をさーっと読み飛ばしてしまうような・・・

 メモとらずに、忘れてしまったりとか

 あ、でも好奇心だけはまだあるみたいです。
それがわたしのエネルギーかも。
だけど集中力がないんです・・・

投稿: ちょきたら | 2014年2月11日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古川日出男トークショー:

« 茶の湯 裏千家 茶の湯と出会う① | トップページ | 文楽 本朝廿四考 他 »