« 春の息吹 | トップページ | 二人藤娘 »

あなたがここにいればよかったのに

 キャラメルボックスの舞台には、
ずいぶん御無沙汰していました。

 行ったのは3連休の1日。

「ヒトミ」という再演作品と交互に上演されていた
「あなたがここにいればよかったのに」という
新作です。


 もう終演したので、
簡単にストーリーを書きますと・・・・


 翻訳家を目指しながら書店に勤めている
女性まひるは、恋人森岡からプロポーズされる。


 けれど、見知らぬ男性(天野医師)に
結婚を反対される。
「君が不幸になるから」と。


 実は、天野医師は一度同じ人生を
歩んだことがあり、35歳で亡くなってしまった。
まひるとは、一度目の人生で出会って
いる。

 そしてなぜか二度目の人生が中学生から
始まってしまい・・・

 という、キャラメルボックスが得意とする
タイムトラベラー的な内容でした。


 ラストシーンは、日本にいるまひると
アメリカにいる天野医師との文通


 この話、現代を舞台にしているので
普通はスマホやPCでのメール、あるいは
skype等でのやりとりが普通だと思うのですが・・・・



 脚本家の真柴あずきさんは、
あえてお互いが手紙を書くシーンに
したようです。


 ちょっと前にみた「ダディ・ロング・レッグズ」も
手紙を書くシーンが多かったし、
何だか手紙ブーム???

 しかし、この2作を見て、
改めて手紙を書く所作って、実に美しいと
思いました。

 PCに向かうより、
ペンで書いている動作は知的で
スタイリッシュだと客観的にわかりました^^

 手紙・・・なかなか書かないですけど・・・

|

« 春の息吹 | トップページ | 二人藤娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたがここにいればよかったのに:

« 春の息吹 | トップページ | 二人藤娘 »