« 恵みの雨 | トップページ | 久しぶりの花月 »

超絶技巧!明治工芸の粋

Img_5261_2  

Img_5262_2
 いやあ、すんごい技の数々でした


 例えば花見図花瓶・・・非常に精緻に美しい絵なのですが、
そのすばらしさは上からではなくひざまづいてみると
わかります。

 細い金線で描かれた柳のようなものが、
見えてきました・・・

 七宝、自在、牙彫、刺繍絵画、金工、漆工、刀装具、印籠・・・
そのどれもが人間技とは思えないくらい、まさに超絶技巧の
世界なのでした。


 茶碗の内側にびっしりと細かく描かれた蝶は、
肉眼では見えにくい。
なので拡大レンズが置いてあります。
その数いくつあったかしら・・・


 明治の人って、目がよくて
手先が器用だったのかしら・・・・?
ただただ、ため息。


 今回は来場者に子供づれが多いようです。
 牙彫のタケノコや蜂の巣なんて、
子供さんたちが喜びそう



 是真の作品にも再会できて、
うれしかったです。

|

« 恵みの雨 | トップページ | 久しぶりの花月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超絶技巧!明治工芸の粋:

« 恵みの雨 | トップページ | 久しぶりの花月 »